忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

文字数


Googleが公式で発表しているわけではありませんので確実というわけではありませんが、今回のサテライトサイトの件ではんめいしました 。思い出つづりのメインブログは数枚の画像と平均50文字程度、サテライトサイトは平均最低でも300文字は書くように心がけていました。結局分かったことは、やはりGoogleは文字数、ようは情報量を重視しているということです。インターネット上の情報によると、文字数を気にしなくても大丈夫、むしろ文字数が多い方がだめだということが書かれていました。その情報に従ってメインブログは文字数少なくてもいいんだ!ヤッホー♪と思って更新していたのに(笑)。ビッグキーワードの複合キーワードでの検索をしても、メインブログが検索結果には表示されません。じょういどころか100位以内にも表示されません。結局のところ、文字数(情報量)が少なすぎれば検索エンジンには好かれませんし、要点をつかんでいないのに文字数(情報量)だけ多いサイトやブログは検索ユーザーに嫌われてしまいます。ということは、間を取って更新し続ければいいということですな^^♪、要点をつかめていないダラダラと無駄に長いだけの記事にファンはつきませんから。そしてなおかつ検索エンジンにも好かれ、検索結果に表示されていなくてはファンも増えません。ですが気付きました。文字数云々ではなく、文字数が少なくても、要点をつかんだ記事を書いていればいいんだと先日の記事に書きました。買ったモノの価格、購入先の店舗の情報、ホームページがあればそのURL、ホームページがなければ、他に参考になりそうなサイトのURLを代わりに貼ります。消費者が一番気にすることといえば、「価格」「送料」または「送料無料」といキーワードです。価格を気にする消費者が多いのは、検索エンジンの関連キーワードを見ると、価格、送料、送料無料、加えて最近の傾向は「クチコミ(口コミ)」。この4つのキーワードを記事に入れます。

被リンク対策は被リンクSEO技術と外部対策経験値・経験量がものを言う
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ

催眠で前世を知る事ができる?
催眠前世

お家の整理で出た大量不用品の回収サービス、愛媛県
ゴミ 回収 松山

Google SEO対策と衛星サイト更新
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ
SEO対策は「検索エンジン集客に向いた媒体、ブログ・HP等」で行う。SNSはSEO集客に向か無い
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
Google Webマスターツール最適化と検索エンジン最適化は違う。SEOとは
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
PR

内部


内部リンク。これはかなり重要なのではないかと思い始めています。サテライトサイトで判明しました。サテライトサイトの最近の記事は、内部リンクをかなり充実させた内容にしています。それも立て続けに3記事続けて。そのおかげで、記事タイトルや記事本文に入れているビッグキーワードの複合語でのサテライトサイトの検索結果の順位が上がってきたのだと思います。検索結果が上がってきたといっても、複合キーワードでの検索で検索結果の2ページ目なのですが・・・。それでもビッグキーワードの複合キーワードで検索結果には表示されていませんでしたから、うちにしては快挙です♪^^。もう一つの複合キーワードで検索してみたところ、こちらも検索結果の3ページ目に表示されるようになっていました。サテライトサイトのタイトルタグを入力しなくても検索結果に表示されるようになったのは本当に嬉しいです!!!。ちなみに文字数ですが、頑張って300字以上入力しました(笑)。

重複コンテンツ(非正規コンテンツ)対策。メタタグnoindexが効果的
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法

本当の意味での自己発見を
ヒプノ セラピー 池袋

リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索
Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較
風俗サイトやキャバクラサイトが弊SEO対策サービス利用する際の条件
オリジナル部分・コンテンツにキーワードを十分記述するとSEO効果大
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」

複合


今までサテライトサイトのタイトルタグ+キーワードでkン策して、検索結果の1ページ目の一位には表示されてはいましたが、それはサテライトサイトのタイトルとキーワードの複合キーワードで検索をしていたからです。今朝、サテライトサイトのタイトルなしで、記事タイトルに入れているキーワードだけで検索してみようと思い立ち、ドキドキしながら検索してみてみました。・・・が、検索結果に表示されるはずもなく・・・^^;。かなりのビッグキーワードで記事を書きました。単一キーワードで検索結果の上位に表示させるにはもっと時間がかかると思いますし、時間をかけないといけません。時間をかけないで上位表示してしまうと、早く検索結果の上位に表示されるようになるかもしれませんが、検索結果のランキングが下がってしまうのも早いです。安定して検索結果の上位に表示させたいというのであれば、短期志向はやめて、中長期志向で対策をした方が、検索結果はより安定します^^。

順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略

出産前の自分の情報を知るには
退行 催眠

ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
引越し元の1代目「トンちゃんYahoo SEO対策ブログ」がヤフー検索で「Yahoo SEO」1位を取ってしまった
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
新規の独自ドメインでも直ぐに検索エンジン経由の「集客数」増やせる。中古ドメイン不要
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
余計な被リンクが付いて無いURLほど被リンク対策で容易に順位上がる
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
被リンクを外さない契約のSEOサービス。「被リンク解除の例外規定」