忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

対策


2013年も5月に入って一週間がたちました。今から対策する、対策した方がいいキーワードを考える時期の到来です。何度も記事に書いていますが、新しくサテライトサイトを立ち上げた場合、安定してインデックスされるまでに早くて3か月かかります。もっと確実に安定させるためには半年前から対策するとより効果的です^^。5月に対策を始めるのですから、確実に効果が出るようにしたいのであれば、11月か、12月のキーワードで対策できるようにサテライトサイトを開設します。11月や12月だとお歳暮やクリスマス関連のサテライトサイトを作って対策を始めるといい時期です^^。ただし、今の時期にクリスマスやお歳暮関連のアフィリエイトの商品が少ないのがネックですが・・・。しかし少なくてもサテライトサイトを作って運営しておくことに意味があります。9月10月位になればお歳暮やクリスマス商品のアフィリエイトも増えてきますから、記事に追加すればいいと思います^^。

能力開発の一手段
池袋 カウンセリング

毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
キーワードのSEO難易度は何で決まる?上位表示までに要する期間は?
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
脱SNSで使える時間は大幅増。SNSは時間とエネルギーを大量に食う。脱SNSでSEOに時間を回す
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
被リンク対策は「時間分散」が重要。被リンク設置時期の分散で自然化
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
YSTのSEOなら中古ドメインだが、Google検索なら新規ドメインで十分
もう少しで分散したメインSEOブログ群の完全引越し(集中)が完了。脱SNS、ブログ集中の独自路線
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
PR

古い


先日のヨーヨーの記事にも書きましたが、新しい情報から検索結果に表示される傾向があります。ですのでビッグキーワードであればあるほど、古い情報が検索結果の下に行ってしまうスピードは速まってしまいます。ビッグキーワードの検索結果の入れ替わりはめまぐるしく変わります。今ですと、スターバックスの新商品、コーヒーティラミスフラペチーノとホワイトティラミスフラペチーノが話題になっていて、検索する人が多いですし、ブログやtwitterに飲んだよ~♪などと書き込む人が多いので、日に日にどころか、時間単位で検索結果も変わっています。しかもすでに店舗によっては売切れになっている店舗も出てきているそうです。だって美味しいもん☆(笑)。うちはホワイトティラミスフラペチーノの方が好きだけど、カロリーを気にするのであれば、ほんの少しだけカロリーの低いコーヒーティラミスフラペチーノがオススメ^^。最新情報を提供し続けていることが検索結果の上位に表示され続ける手ではありますが、ビッグキーワードで最新情報を提供し続けるのは大変ですし、タイトルも重複しまくると思います^^;。常に最新情報を書くのにも限界があるので、他の方法でビッグキーワードでの検索結果の上位表示を狙うしかありません。常に最新記事を更新するとしても、タイトルも内容も似通ったコンテンツになってしまい、検索エンジンだけを意識しているとみなされ、検索エンジンからの評価が下がるのはもちろんの事、訪問ユーザーからも飽きられてしまいます。そこまでしてビッグキーワードに固執しなくてもいいと思いますし、むしろ固執しない方が評価は高くなります。検索結果の順位を上げたいからという理由だけで偏った情報を発信するよりも、訪問者のためになる情報を発信した方が、自分尾サイトやブログの評価も上がりますし、プラスになることばかりです。検索エンジンからの評価が上がり、訪問ユーザーがお気に入り登録してくれます^^。

被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
旧ツイッターウィジェット終了。新ウィジェットに切り替え完了。ハブサイトとして今後もツイッター重視
毎月SEO料金の範囲内で設置可能な数だけ被リンク供給。被リンクの量
キーワードに沿ったコンテンツが上位表示のカナメ。情報不足も不利に
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
SEO目的URLとコンバージョン目的URLの違い。SEO集客UPと受注UPの両立
被リンク設置から被リンク効果が順位に反映される迄の平均期間は?
SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り
Webサイトのスクラップ・アンド・ビルド、更新優先度低いサイト閉鎖、更新優先度高いサイト新規建造
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ

相互


相互リンクを上手くしないとペナルティを受けてしまいます。間違った相互リンクのせいでペナルティを受けてランキングが下がった、なかなかランキングが上がらないという現象が起きてしまうのです。以前は相互リンクがSEO上強力だと言われていましたが、今では間違った相互リンクは逆効果なのです。もし、なかなかランキングが上がらない、ランキングが下がってしまったということがあったら、相互リンクを見直してみた方がいいかもしれません。間違った相互リンクはブログやサイトに悪影響を及ぼしますから、もしも心当たりがあるというのであれば、相互リンクをまず見直してみた方がいいかもしれません。正しい相互リンクであれば問題ないのですが、誤った相互リンクを施していた場合、ペナルティを受けてランキングは下がるわ、アクセスは激減、またはなくなってしまいます。アクセス解析を常にチェックするということは、少しの変化にも気付くためです。見逃すと取り返しがつかないこともあります。

Google SEO対策
SEO対策 キーワード
バックリンク
Bing SEO対策
SEO対策 見積り
SEO対策 実績
SEO料金
外部リンク
SEO対策 激安
SEO対策 格安
とんちゃんSEO
被リンク
検索エンジン対策 サービス
ブログ SEO対策
SEO対策 低価格
検索エンジン最適化