忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ツール


Googleウェブマスターツール。先日の記事にも書きましたが、Googleアナリティクスと並んでSEOでは重要視されています。Googleウェブマスターツールと検索窓に入力して検索すると、検索結果の上位の方に表示されるのは、SEO効果を引き出す管理ツール、Googleウェブマスターツールは必ず導入すべき、など、SEOを施すのであれば、Googleウェブマスターを導入すべきだという意見のサイトが表示されます。理由は、毎日気軽に検証できるのはGoogleウェブマスターツール。じっくり検証したり、問題点を探せるのはGoogleアナリティクス。そのサイトの方は、毎日ウェブマスターツールをさらっと見た方がいいというお考えなので、Googleウェブマスターツールを導入した方がいいというお考えのようです。他にも、ウェブマスターツールを使うメリットが紹介されているので、色々と参考になりました^^。どの項目を特に見ればいいかとピンポイントでアドバイスもしてくれています。ウェブマスターツールでチェックする項目としてその方が挙げられていたのは、「表示回数」と「クエリ数」。この2つの項目は、ウェブマスターツールのダッシュボードのページに表示されています。現在のステータスの中に表示されています。現在のステータスの中に表示されている検索クエリを選択すれば、クエリ数、表示回数、クリック数が表示されます。その下にはグラフ、さらにその下には、検索キーワード、表示回数、クリック数、CTR、平均掲載順位の一覧が表示されています。検索キーワードとは、検索ユーザーが検索したキーワードが表示されています。検索キーワードの一位のキーワードの表示回数が多いのは、他でもないうちです(笑)。サテライトサイトのタイトルが検索キーワードの一位です。うちが検索したのです。今何位位かなぁとか、検索順位上がってるかな~♪、しまった・・・検索順位下がったかも・・・(汗)などなど様々な理由で検索していましたから^^;。

SEO対策 サービス
SEO対策 ブログ
検索上位
SEOとは
SEM
SEOコンサルティング
Webサイト 集客
ネット広告代理店
被リンク
SEO対策 検索
SEO対策とは
SEO対策 料金
上位表示
Webサイト料金
SEO対策 料金
バックリンク サービス
PR