忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プロファイル


あっ!!!、やっとログインページから進めましたよ、「Syachi.jp」。判定したいサイトのプロファイルを選択してくださいという画面が出ているのですが、うんともすんとも動かず・・・。タブレットで見ているからかな・・・。会社に戻ってパソコンから見てみることにするか。しかしSyachi.jpの情報を収集しようと思ったのですが、ないっ!!!。Syachi.jpのサイトしか検索結果には表示されず、挙げ句の果てには、もしかしてSyachi.comとまで表示されたくらいにして^^;。iPhoneとはSyachi.jpについての記事など、情報が少ない・・・。Syachi.jpのサイトのスニペットには、ディーポの無料SEOツールを公開中!とあったので、ディーポというキーワードでも検索してみたのですが、検索結果を観てみても、当てはまりそうなサイトは見当たらず・・・、なかなか謎なサイトです・・・。Syachi.jp。

記事投稿を1つのブログに「一点集中」させYahoo(=Google)での評価を高める
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
「Yahoo!SEO」と「Yahoo! SEO」ではYahooの検索結果は異なる。
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる

悪い癖や習慣を催眠療法で直す
ヒプノ セラピー東京

解脱へ向けたアドバイス
「悟り」
悟り を開く
PR

シャチ?


その記事の中に、「Syach.jp」というものが紹介されていました。パンダ・アップデート、ペンギン・アップデート判定ツールだそうです。Syach.jpを使うには、初回メールアドレス登録→Googleアカウントログイン→アナリティクスプロファイル選択→検索トラフィックのグラフにアルゴリズムアップデートが重なり判定という流れのようです。Googleアカウントでログインというボタンがあるのですが、いくらクリックしてもログイン画面が表示されないのです・・・。ページを更新しても全く意味なく・・・。どうすればログインできるのか・・・。ログインしてみてどのように判定されているか見てみたかったのですが・・・。ならばGoogleAnalyticsに直接登録しようと思いましたが、Syach.jpでの判定結果が見てみたいのでそれでは意味がないことに気づき、登録するのはやめました。ねばってSyach.jp登録してやるんだ!(笑)。

キーワードに沿ってコンテンツの文章量増やすなら「SEOの力」となる
被リンク対策とリスクはセット。末端URL群でSEO集客しリスク限定
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
Bing検索でも順位を上げておいた方が良い。NAVER検索は現時点では無視で大丈夫

問題と成っている癖や習慣を改善する方法
ヒプノセラピー

整体を使った整顔・小顔サービス、大阪府
骨盤 矯正 梅田
整体梅田

愛媛県の出張買取専門のリサイクル業者
出張 買取 松山
処分松山
廃品 回収 松山
液晶 テレビ 買取 松山

米国サイトで買い物、英語が分からないなら
米国 購入 代行

競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量

文字数


Googleが公式で発表しているわけではありませんので確実というわけではありませんが、今回のサテライトサイトの件ではんめいしました 。思い出つづりのメインブログは数枚の画像と平均50文字程度、サテライトサイトは平均最低でも300文字は書くように心がけていました。結局分かったことは、やはりGoogleは文字数、ようは情報量を重視しているということです。インターネット上の情報によると、文字数を気にしなくても大丈夫、むしろ文字数が多い方がだめだということが書かれていました。その情報に従ってメインブログは文字数少なくてもいいんだ!ヤッホー♪と思って更新していたのに(笑)。ビッグキーワードの複合キーワードでの検索をしても、メインブログが検索結果には表示されません。じょういどころか100位以内にも表示されません。結局のところ、文字数(情報量)が少なすぎれば検索エンジンには好かれませんし、要点をつかんでいないのに文字数(情報量)だけ多いサイトやブログは検索ユーザーに嫌われてしまいます。ということは、間を取って更新し続ければいいということですな^^♪、要点をつかめていないダラダラと無駄に長いだけの記事にファンはつきませんから。そしてなおかつ検索エンジンにも好かれ、検索結果に表示されていなくてはファンも増えません。ですが気付きました。文字数云々ではなく、文字数が少なくても、要点をつかんだ記事を書いていればいいんだと先日の記事に書きました。買ったモノの価格、購入先の店舗の情報、ホームページがあればそのURL、ホームページがなければ、他に参考になりそうなサイトのURLを代わりに貼ります。消費者が一番気にすることといえば、「価格」「送料」または「送料無料」といキーワードです。価格を気にする消費者が多いのは、検索エンジンの関連キーワードを見ると、価格、送料、送料無料、加えて最近の傾向は「クチコミ(口コミ)」。この4つのキーワードを記事に入れます。

被リンク対策は被リンクSEO技術と外部対策経験値・経験量がものを言う
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ

催眠で前世を知る事ができる?
催眠前世

お家の整理で出た大量不用品の回収サービス、愛媛県
ゴミ 回収 松山

Google SEO対策と衛星サイト更新
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ
SEO対策は「検索エンジン集客に向いた媒体、ブログ・HP等」で行う。SNSはSEO集客に向か無い
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
Google Webマスターツール最適化と検索エンジン最適化は違う。SEOとは
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要