忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内部


内部リンク。これはかなり重要なのではないかと思い始めています。サテライトサイトで判明しました。サテライトサイトの最近の記事は、内部リンクをかなり充実させた内容にしています。それも立て続けに3記事続けて。そのおかげで、記事タイトルや記事本文に入れているビッグキーワードの複合語でのサテライトサイトの検索結果の順位が上がってきたのだと思います。検索結果が上がってきたといっても、複合キーワードでの検索で検索結果の2ページ目なのですが・・・。それでもビッグキーワードの複合キーワードで検索結果には表示されていませんでしたから、うちにしては快挙です♪^^。もう一つの複合キーワードで検索してみたところ、こちらも検索結果の3ページ目に表示されるようになっていました。サテライトサイトのタイトルタグを入力しなくても検索結果に表示されるようになったのは本当に嬉しいです!!!。ちなみに文字数ですが、頑張って300字以上入力しました(笑)。

重複コンテンツ(非正規コンテンツ)対策。メタタグnoindexが効果的
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法

本当の意味での自己発見を
ヒプノ セラピー 池袋

リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索
Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較
風俗サイトやキャバクラサイトが弊SEO対策サービス利用する際の条件
オリジナル部分・コンテンツにキーワードを十分記述するとSEO効果大
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
PR

複合


今までサテライトサイトのタイトルタグ+キーワードでkン策して、検索結果の1ページ目の一位には表示されてはいましたが、それはサテライトサイトのタイトルとキーワードの複合キーワードで検索をしていたからです。今朝、サテライトサイトのタイトルなしで、記事タイトルに入れているキーワードだけで検索してみようと思い立ち、ドキドキしながら検索してみてみました。・・・が、検索結果に表示されるはずもなく・・・^^;。かなりのビッグキーワードで記事を書きました。単一キーワードで検索結果の上位に表示させるにはもっと時間がかかると思いますし、時間をかけないといけません。時間をかけないで上位表示してしまうと、早く検索結果の上位に表示されるようになるかもしれませんが、検索結果のランキングが下がってしまうのも早いです。安定して検索結果の上位に表示させたいというのであれば、短期志向はやめて、中長期志向で対策をした方が、検索結果はより安定します^^。

順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略

出産前の自分の情報を知るには
退行 催眠

ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
引越し元の1代目「トンちゃんYahoo SEO対策ブログ」がヤフー検索で「Yahoo SEO」1位を取ってしまった
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
新規の独自ドメインでも直ぐに検索エンジン経由の「集客数」増やせる。中古ドメイン不要
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
余計な被リンクが付いて無いURLほど被リンク対策で容易に順位上がる
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
被リンクを外さない契約のSEOサービス。「被リンク解除の例外規定」

対策


2013年も5月に入って一週間がたちました。今から対策する、対策した方がいいキーワードを考える時期の到来です。何度も記事に書いていますが、新しくサテライトサイトを立ち上げた場合、安定してインデックスされるまでに早くて3か月かかります。もっと確実に安定させるためには半年前から対策するとより効果的です^^。5月に対策を始めるのですから、確実に効果が出るようにしたいのであれば、11月か、12月のキーワードで対策できるようにサテライトサイトを開設します。11月や12月だとお歳暮やクリスマス関連のサテライトサイトを作って対策を始めるといい時期です^^。ただし、今の時期にクリスマスやお歳暮関連のアフィリエイトの商品が少ないのがネックですが・・・。しかし少なくてもサテライトサイトを作って運営しておくことに意味があります。9月10月位になればお歳暮やクリスマス商品のアフィリエイトも増えてきますから、記事に追加すればいいと思います^^。

能力開発の一手段
池袋 カウンセリング

毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
キーワードのSEO難易度は何で決まる?上位表示までに要する期間は?
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
脱SNSで使える時間は大幅増。SNSは時間とエネルギーを大量に食う。脱SNSでSEOに時間を回す
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
被リンク対策は「時間分散」が重要。被リンク設置時期の分散で自然化
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
YSTのSEOなら中古ドメインだが、Google検索なら新規ドメインで十分
もう少しで分散したメインSEOブログ群の完全引越し(集中)が完了。脱SNS、ブログ集中の独自路線
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題